生え際・髪の根元の白髪でなやむあなたへ

白髪染めによる解決方法。はたしてその結果は?

白髪を染めるといっても、染める部分というのは人によって違ってくると思います。髪全体に白髪あるので、全体的に白髪染めしたい人もいるでしょうし、右側頭部、もしくは左側頭部のこめかみ部分に白髪が目立つので、その部分だけ白髪対策したい人もいるかと思います。

また、それとあわせて多い要望が、髪の根元の生え際の白髪対策。髪の根元部分緒白髪の対策ですね。白髪だった部分は、白髪染めをしたその時はいいのですが、しばらくすると毛が伸びてきて、新しい毛の部分(根元の部分)の白髪が目立ってしまうという悩みがあります。

基本的に白髪用ヘアカラーは髪を傷めます。アレルギー等で頭皮(地肌)にダメージを与え、湿疹やかぶれ、痒みに悩まされる人もいます。いずれにしましても、髪に多大なるダメージを与えるヘアカラーは、そう頻繁にしてはいけません。

2,3ヶ月なり、それなりの期間を置く必要があります。しかし、その間に毛は伸びてきますから、その新しいけの部分は当然白髪。しかも、生え際の白髪はけっこう目立ちます。これが悩みの種というわけです。根元の部分を綺麗に染められる白髪染めはないかと思いますよね。

利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めしてみては

そんあなたは、アカラートリートメントを使用してみてはいかがでしょうか?サスティの利尻ヘアカラートリートメントや、イマージュのルプルプであるとか、レフィーネ、エフキュア、ピュアハーバルヘアカラーなどが有名です。なかでも、利尻ヘアカラートリートメントは断トツの人気を誇っています。

根元の白髪が気になるならトリートメントタイプの白髪染めがグッド

ここでご紹介した利尻の白髪染めをはじめとするトリートメントタイプの白髪染めは、普通の白髪染め方法とは違います。シャンプー後のトリートメント剤に白髪を染める成分が入っていて、少しずつ白髪を染めていくことになります。

ただ、髪の芯から染めるというのではなく、いわゆるマニキュアタイプですね。髪の表面に徐々に色をつけていくといったイメージです。

通常の白髪染めですと、費用の問題とか、頻繁にやると髪や地肌を傷めるといった理由で、そうしょっちゅうは染めることはできませんが、トリートメントタイプならば、髪に潤いを与えることはあっても、傷めるということは普通はありません。ですので、1週間に1回など、頻繁に白髪を染めて続けていくことができますので、根元の部分の白髪が目立つという状態にはなりにくいんです。

そう考えると、髪の根元や生え際の白髪が気になるという人には、トリートメントタイプの白髪染めは理想的といえるかもしれません。

ページのトップへ戻る